面接を受ける女性

「シングルマザー」として、これから働かなければいけない人が、内定を獲得するには、シングルマザーだからこそアピールできるコツがあります。
転職や復職など、シングルマザーの就業理由によって面接の際にアピールできるポイントは多くあるのです。

そこで、ここからはシングルマザーだからこそ面接で抑えておきたい成功のコツをご紹介していきます。
これから面接を受けるシングルマザーにおすすめしたい方法なので、参考にしてみてください。

シングルマザーが就活をする前の心構え

シングルマザーが就活をするためには、面接時の子どものスケジュールを確認・調整しておくことが必要です。
また、就活で身だしなみを整えておくことが必要となるため、リクルートスーツやフォーマルスーツの準備が必要になってくるでしょう。
面接時には、記載した履歴書の準備も必要となってくるため、履歴書の書き方も面接日の前には調べておきたいですよね。

面接日には子どもをどうするか

就活で面接日が決まったら、当日の子どもの都合を確認しておく必要があります。
保育園や学校に通っている子どもであれば、保育園の時間内に面接の時間を設定してもらったり、学校から帰宅する子どもに、面接の時間にいないことを伝えるなどの対策に講じなければなりません。

また、まだ保育園に登園していない子どもであれば、面接の時間の間だけ両親や知人に面倒を見てもらえるようお願いしておく必要があります。
難しい場合には、保育所の一時預かりを検討してみるのも良いでしょう。

身だしなみは奇麗に整っているか

就活を始めたら、いつでも面接ができるようにリクルートスーツを一式準備しておくことが必要でしょう。
準備をしないまま面接が決まってしまい、慌てて買いに行くことは避け、時間に余裕をもってどのような身だしなみで好印象を持ってもらえるかなどを考える時間を設けることをおすすめします。

また、シングルマザーとして忙しい毎日を送っているため、身だしなみがおろそかになりがちな人も多いことから、就活を機に、自分の身だしなみをチェックしておくことがポイントとなると思います。
化粧の濃さや、ヘアアレンジがTPOをわきまえた清らかな印象をもってもらえるかどうかをしっかりと見極め、就活の準備に取り掛かることで、成功する可能性が高くなるでしょう。

履歴書などの準備は万全か

もう一つ準備が必要なことは、履歴書などの提出書類についてです。
履歴書を提出する際に、企業側から提出書類の指示がありますが、書類の中には「卒業証明書」「資格証明書」といった書類を求める場所もあります。
このような場合に備えるためには、事前に書面を取り寄せておく必要があります。

応募しようとして、面接に挑もうとしても、提出書類がそろっていなければ試験を受けることができません。
特にシングルマザーは毎日の時間を家事や育児に追われているため、急な動きをとることが難しい場合が多いです。
そのため、就活を始める際には、すぐに準備が難しい書類を、事前に準備しておくことで、面接までをスムーズに受けることが可能となると思います。

シングルマザーならではの面接アピールポイント

スーツを着た女性
さて、就活で面接日が決まり、「いざ面接!」と意気込む反面、シングルマザーであることに就活に対するネガティブな思いを持っている人もいるでしょう。
しかし、シングルマザーだからこそ面接でアピールできるポイントは多くあります。
ここからは、シングルマザーだからこそ面接で押さえてほしいポイントを紹介していきます。

仕事にひた向きに頑張る

シングルマザーとして働く理由は「生活をするため」にあります。
子どものために、生活をしていかなければならないことから、仕事に対する必死さをアピールできると感じます。
面接時には、就業に対しての熱意や、仕事に対する積極性をアピールすることによって、シングルマザーとして働く真剣さを強く訴えることができます。

強い精神力をアピール

シングルマザーだからこそアピールできることは「精神力の強さ」にあると感じます。
離婚の経験や、たった一人で子育てをする覚悟を持つ精神的な強さを持ち合わせていることが、仕事への誠意を示すことをアピールポイントとして提示できる場合もあります。
シングルマザーだからこそ、並大抵のことでは折れない精神を持っていることを、面接時に企業側にPRとして伝えることができるので、企業側に強く伝わるはずです。

子どもの体調が悪くなる以外は特別な欠勤はない

シングルマザーが就活をネガティブにとらえてしまう問題としては、「子育てを一人でしている」ことが企業側にマイナスとなる可能性があると感じてしまうからだと思います。
しかし、子育てを優先するのはどの母親でも同じことなので、子どもの体調が崩れた時以外は、特別な欠勤などはしないことを、アピールすることが可能でしょう。
マイナスにとらえてしまいがちな問題を逆手に取り、面接では子どもの予定以外は休む可能性が低いことをアピールし、上記で紹介した生活のために働く熱意を訴えることで、強いアピールができると考えます。

シングルマザーだからこそ面接で聞かれること

ポーズをとる女性
シングルマザーが面接時によく聞かれることは、「子ども」のことが最も多いでしょう。
また、企業側は、シングルマザーとして就業できることへの確認をしたいために、残業についてもたずねてきます。
ここからは、シングルマザーだからこそ面接時によく聞かれる内容をまとめて紹介していきます。

「子どもの体調が悪い時はどうするの?」

企業側は、シングルマザーであることに対し、就業がしっかりとできるかどうかを確認したい意思があります。
そのことから、最も多い質問として、「子どもが体調を崩した時」について聞いてくるようです。

こうした質問に対し、事前に対策を練るためには、就活を始める際、両親や知人など周囲の大人に協力してもらえるかどうかを確認することをお勧めします。
実際に確認し、協力を得られるなら「両親の協力がある」ことを伝えると、企業側も安心して雇うことができるでしょう。
また、頼れる大人がいない場合、その旨はしっかり伝えておく必要があります。

体調が悪くなった際に休暇がほしいという旨を伝えることで、企業側への理解をもらわなければなりません。
面接時に、頼れる大人がいないのにうそを言ってしまい、内定がもらえて入社してから万が一体調が悪くなってしまったら、対応が困難になります。
現状をしっかりと伝え、企業側の理解をもらうような返答をすることで、成功する可能性が広がるでしょう。

「残業はできるの?」

シングルマザーとして働く上で、「残業」ができるか否かを問われることが多いようです。
このような場合、自分の生活プランによってどれだけ残業ができるかを確かめておく必要があります。
「これくらいまでなら仕事できそうだな」という目安を立てておくことで、「1日〇時間(分)までなら残業できます」と明確に伝えることができます。

「シングルマザーだからこその強みは?」

まれに、シングルマザーが多く就業している企業より、「シングルマザー」であることの「自己PR」を問われる質問があります。
こうした場合には、自分がシングルマザーになってから思ったことや感じたことなど、経験をモチーフにした自己PRを考えておくと、スムーズな返答ができます。

「離婚を経験して精神的な強さを持つことができた」「ひとりで生活を整えるためのエネルギーを培った」など、シングルマザーとして生活していく中で育んだ経験を伝えると、人間性が伝わりやすいでしょう。

「再婚の予定は?」

シングルマザーとして一人で生活をしていく中で、企業側が「再婚の予定」について聞いてくることがあります。
これは、再婚を機に退職をしてしまうのではないかという趣旨も考えられることから、予定があってもなくても企業側に伝えておくことが必要と考えられます。

ここでのポイントは、「再婚をしても続けていく意思があること」を伝えておくことです。
「予定があります」だけでは長く続かないと思われてしまい、企業側に懸念されてしまいます。
しかし、「予定があるが、再婚後も続けていきたい」旨を伝えておくことによって、就業に対しておろそかに考えていないことが企業側に伝わると思います。

まとめ:シングルマザーだからこそアピールできるコンテンツはたくさん存在する

シングルマザーだからこそアピールできる内容は多くあり、シングルマザーだからこそアピールでできるものも多くあります。
ひとり親であるシングルマザーの就活はマイナスにとらわれがちですが、見方を変えることで、就活を有利に導く人間性をアピールできるチャンスが存在していると感じます。

シングルマザーであることをあえて強調してアピールすることで、面接時の印象は大きく変わり、成功につながるでしょう。
ポイントをじっくり抑えながら、面接が成功するように頑張ってください。

おすすめの記事