シングルマザーが夜勤で働くメリットは?子どもを預けるときの注意点

シングルマザーのなかには、子どもの将来を考えて、高収入が期待できる夜勤への転職を検討している人もいるのではないでしょうか。しかし、シングルマザーが夜働く際には、注意しなければならないことがあります。この記事では、夜勤をするときに注意するべきことだけではなく、子どもの預け先などについてもご紹介します。これからの働き方の参考にしてください。

シングルマザーが夜勤で働くメリット

夜勤の仕事は、シングルマザーにとってどのようなメリットがあるのでしょうか。よりよい選択をするために、ここではメリットを3つ紹介します。

収入が安定して増える

看護師をはじめに、介護職や警備会社、24時間営業の飲食店など、女性が夜勤できる仕事は多く、需要も拡大しています。いずれも日勤より収入は高い傾向があり、正規に就業できればダブルワークよりも高く安定した収入が期待できます。母子家庭としてはとても魅力的です。

収入が増えれば子どもの進学費用などの貯金も可能になり、生活にも将来を考えるゆとりが生まれます。

昼間に子どもとの時間ができる

子どもにとっての一番のメリットは、母親と過ごす時間が増えることです。日勤の場合、帰宅すれば食事や入浴と慌ただしく過ぎ、子どもを寝かしつける時間まであっという間です。夜勤ならば、子どもが学校からの帰宅時間に在宅でき、出勤までの時間を一緒に過ごせます。学校行事などに参加しやすくなるのも利点です。

ママ友と無理なく交流できる

仕事に家事、育児と忙しいシングルマザーは、他のママ友と交流する時間をあまりもてません。フリーになる時間帯が異なるのも要因の1つです。しかし、平日の日中に自由な時間ができる夜勤ならば無理なく交流でき、子育ての悩みを共有することも可能です。

悩んだときは相談もでき、頼りになる存在が近くにできます。忙しい毎日のなかで、仕事や子どもとは別の、プライベートな時間を確保できるのも大きなメリットです。子どものためにもストレスを発散し、疲れを癒す時間を定期的に作るようにしましょう。

シングルマザーが夜勤で働くデメリット

夜勤で働くのはメリットばかりではありません。「こんなはずではなかった」と後悔しないよう、転職する前にデメリットもしっかりと確認しておきましょう。ここでは、夜勤で働くデメリットを3つ紹介します。

身体の負担が大きくなる

夜勤は勤務時間が昼夜で逆転するため、健康管理が難しくなります。慣れるまでは思うように眠れず、睡眠時間が短くなることも少なくありません。特に女性は、ホルモンバランスの乱れにより生理不順や肌荒れ、自律神経失調症などを起こすことがあるため注意が必要です。夜勤のある職場に転職する際は、余裕のあるスケジュールにし、徐々に身体を慣らすようにしましょう。

夜勤ならではの仕事の大変さも

夜勤は日勤に比べて同僚の数が少なかったり、十分な照明のないなかでの作業があったりと、業務としての負担が大きくなりがちです。仕事としてハードになることを前提に転職を検討しましょう。自分の体力や能力などが十分に対応できるものかどうか、事前によく確認してから職場選びすることが大切です。

子どもへの精神的負担

子どもにとって夜は、家族と一緒にいても不安に感じることのある時間帯です。ましてや、母親が仕事でそばにいなければ、寂しさや不安が大きくなります。子どもの夜の環境や精神面のケアは、シングルマザーが夜勤で働く際にとても重要な課題です。

シングルマザーが夜勤で働く間の子どもはどうする?5つの選択肢

夜勤をするときの子どもの預け先には、5つの選択肢があります。それぞれ状況によって選べる選択肢は異なりますので、場合によっては夜勤を諦めることも念頭におきながら確認してみましょう。

実家に預けるなど、両親にみてもらう

実の両親に預けるのは、母親としてもとても安心です。しかし、年齢によっては体力的な問題が浮上し、結果として無理をさせてしまったケースは少なくありません。熱心に面倒をみてくれる場合も、しつけや教育方針の違いでトラブルになることがあるため注意しましょう。

離婚した元パートナーに預ける

離婚した元夫との関係が良好であれば、夜間だけ子どもを預けることもできます。親としての責任を考えれば、子育てを部分的に分担してもらうのは決して悪い選択ではありません。

ただし、子どもとの接点が増えることで愛情が増し、子どもとの同居を求める可能性も出てきます。できるだけ頼らない方向で検討することをおすすめします。

親しいママ友に預ける

近所に親しいママ友がいる場合は、ママ友を頼ることもできます。シングルマザー同士で予定を調整し、預け合うのも可能です。

注意したいのは、基本的に生活環境や教育方針が異なっている点です。子どもにとっては落ち着かない状況が続くことになります。また、友達だからと甘えっぱなしではトラブルの原因になるため、一定の負担に対しては謝礼も検討しましょう。

院内保育所など、職場の施設を利用する

病院に併設された、看護師などのための院内保育所のように、職場の施設を利用できるケースもあります。職場の施設は近くにあることが多く、何かあってもすぐに駆け付けられるため安心です。残念ながら数は少なく就職先が限定されますが、条件に合致する転職先があるならば、ぜひともトライしたいところです。

保育園や認可外施設、シッターを利用する

夜間保育園を利用する方法もあります。料金は比較的低めですが、小学生になると利用できなくなるため、改めて預け先を検討しなければなりません。

小学生でも預けられる保育所などもありますが、認可外の保育施設や民間学童、シッターなどに依頼すると、月数万円にもなる費用負担がネックです。また、預け先として適切か、スタッフの対応や施設の環境、安全面の確認も欠かせません。料金で決めるのではなく口コミなども参考にして、安心して利用できる施設を選定しましょう。

子どもの年代別・夜勤で働くときに注意したいこと

シングルマザーが夜勤で働くと決めたら、どこに預けるにしても子どものケアが重要です。
ここでは、年代別にどのようなことに注意するべきか解説します。

赤ちゃんや保育園など未就学児の場合

赤ちゃんや、未就学児の年代は体調の変化をうまく伝えることができません。急な体調の変化も起こりやすく大人の目が欠かせないため、預け先の選定が特に重要です。就業先についても、何かあったときに対応可能な、融通の利く職場がベストです。シングルマザーに理解のある職場環境を優先的に選ぶようにしましょう。

小学生の場合

小学生にもなると大人の事情をなんとなく理解しはじめますが、まだまだ甘えたい時期です。休日は子ども中心に過ごして、普段我慢をさせている分、ストレスを発散させてあげましょう。普段から学校の話などにも耳を傾けることも大切です。親の事情を一方的に押し付けるのではなく、「いつもあなたのことを思っている」と子どもが実感できるように配慮してください。

中学生の場合

ひとりで留守番できるようになり、シングルマザーとしては頼り甲斐のある存在になってきますが、その一方で、とても多感な時期で、行動範囲も大きく広がります。交友関係や学校での様子は常に把握しておくようにし、細やかなケアを心掛けましょう。

特に注意したいのは、夜勤中の様子です。自宅が子どもの溜まり場にならないように目を配る必要があります。とはいえ、自分ひとりでは目が行き届きません。可能であれば近所の人とも交友関係を結び、普段の様子をみてもらうのがおすすめです。

高校生の場合

行動範囲がさらに広がり、夜間に外出するようにもなります。この時期は、交友関係の把握はもちろんのこと、無断外泊にも注意しなければなりません。

意外なことに、小・中学生と安定していた子どもでも生活が荒れてしまうことがあります。それまで心配をかけまいと我慢していた反動が、高校生になって出てくることがあるためです。進路に悩む時期でもあるので、話し合いの時間を十分にとり、納得できる道を一緒に探すようにしましょう。

子どもに寄り添う気持ちを忘れずに

夜勤は子どもに少なくない影響を与えます。預け先の環境が合わなければ我慢したり、窮屈な思いをしたりすることもあるでしょう。寂しそうな様子を見せなくなっても、常に心を寄せることが大切です。年齢に関係なく、日頃から愛情ある言葉を掛けるようにしましょう。

まとめ:シングルマザーの夜勤には協力者が不可欠

シングルマザーが夜勤で働くのは収入面など大きなメリットがありますが、一方で預け先なども問題もあり、周囲の協力が不可欠です。夜勤をする場合は、シングルマザーに理解のある職場を選び、子どもの心のケアも大切にしましょう。

おすすめの副業はこちら

おすすめの記事