シングルマザーでも恋愛出来る!?子どもとの過ごし方を大切に!

毎日育児と仕事に追われているシングルマザーも、1人の女性として恋愛したいと思うこともあるでしょう。しかし、自分に子どもがいることで、ためらって一歩が踏み出せないことがあります。この記事では、そんなシングルマザーがママとしても女性としても恋愛で幸せになるため注意してほしいこと、大切にしてほしいことを紹介していきます。恋愛で悩んでいるシングルマザーは、ぜひ参考にしてください。

今までの恋愛とは違う注意点

シングルマザーは恋愛したいと思っても子ども優先でデートする時間もなく、会えない時間が多くて付き合っていけるか不安に感じる人が多いです。そして、自分には恋愛するなんて無理だとまで考えてしまう人もいます。しかし、ママの立場で恋愛するのは、今までと違う点があるだけのことです。どのような点に注意するべきかを説明していきます。

会える時間は少ない

子どもがいないときなら、彼氏に会いたいときは好きなように時間が使えていたはずです。しかし、今は大事な子どもがいます。いつでも彼氏と会えるわけでなく、会いたいときに会えず寂しい思いをすることもあります。ようやく会えると思っても、子どもが急に体調を崩してデートもキャンセルになることもあるでしょう。

保育園にお迎えに行くまでの間、両親に預けている間などデートする時間を作るのも大変ですよね。月に1回会えるかどうかになるかもしれません。しかし、デートの時間は短くても会う回数を増やすことはできます。ランチやカフェで1時間、映画を1本観るなど数時間なら作れそうな日がないか探してみましょう。少しの時間でもお互いの顔を見て話すのは、とても大切なことです。

距離は近くても遠距離恋愛のようなもの

LINEや電話だけでは気持ちが上手く伝わらなかったり、些細なことですれ違ったりするときがあるんです。直接会って話すことがお互いの関係をより良くしてくれます。

シングルマザーの恋愛は、会える距離に居ても思うように会えないので、遠距離恋愛をしているときと似ています。少しでも一緒に居る機会を作って、その時間をめいっぱい楽しめるように工夫しましょう。いつでも会える彼氏ではないからこそ、限られた会える時間を大切にすると考えてください。

相手に依存しない

過去の相手を思い出して依存しがちだったことはありますか?思うように会えない、電話もあまりできない、今週も一緒にいられない、など付き合い始めは嬉しさ反面、寂しさと不満に押し潰されそうになります。

LINEの返事が来なくてヤキモキするくらいなら、会わない時間は放っておいても平気という気持ちでいたほうがお互いにストレスが溜まりません。自分に引け目を感じて自信がないことから、つい束縛気味になったり依存したりするのは彼氏からの信頼や愛情が薄れていく原因にもなります。仮に彼氏から束縛などをされたら嫌と感じる人は多いでしょう。彼氏にされたら嫌だと感じることは自分もしないことが大切です。

子どもといるときは、子どもとの時間を大事にした上で彼氏との時間を作ることを考えてください。それを理解してもらえない彼氏だと不満が溜まって、結局上手く行かなくなってしいます。

子どもの気持ちも考える

シングルマザーであったとしても、問題なく恋愛をすることができます。しかし、子どもを蔑ろにするのは絶対に避けるようにしてください。子どもは敏感なため、ママの気持ちが自分に向いていないと気づくこともあります。赤ちゃん返りをする子と同じように、ママへの気持ちを試すようなワガママを吐き出すことも考えられます。

子どもの素振りが普段と違ったり、わがままを言う頻度が多いと感じたりしたら、子どもとしっかり向き合ってみましょう。子どもに寂しい気持ちにさせたのではないか、甘えられなかったのかと考えてコミュニケーションを取るのが一番です。子どもと向き合う時間をきちんと作って、ゆっくりと恋愛を楽しみましょう。

子どもを大切にしながら恋愛するのに守るべきこと

子どもを大切にしなければと、頭では分かっていても、どうしたら良いのかと悩むこともあるでしょう。子どものことを大切にして恋愛もしたいのであれば、彼氏との付き合い方も守るべきことがあります。子どもを大切にしながら恋愛をするときに、守るべきことを説明していきます。

相手に子どもを会わせるのを急かさない

彼氏が自分のことを好きだとしても、その彼氏も父親になるのはそれなりの心の準備がいります。赤ちゃんの頃から見ているわけではないし、彼氏が父親の立場になる実感が湧かないのは当然です。

彼氏も結婚を考えたときに、そこまで覚悟ができなくて別れを切り出してくることがあります。実際に、子どもと会ってからこんなはずじゃなかったと感じる男性もいます。あなたがこの人なら大丈夫、彼氏もそろそろ子どもと会ってもいいかなと思うまで焦らず待ちましょう。

子どもと会うタイミングになったとしても、黙って急に会わせるのは子どもにも少なからず衝撃がありますので控えてください。実際にいつ会わすかのタイミングは難しいですが、付き合って半年など、相手との関係がより近くなった、子どものこともある程度分かってもらえたかなと感じるのを待つようにしましょう。

相手に母親としての自分も見せる

恋人同士2人で会うのはOKだけど、女性の母親としての一面を見ると受け入れられない気持ちになってしまう男性も世の中にはいます。

彼氏があなたに子どもがいることは既に知っているのなら、女性としての自分だけでなく母親としての自分も少しずつ知ってもらいましょう。あなたの母親の面を見た彼氏の率直な感想を聞いてみるのもいいですね。また、母親としての顔を見せると同時に、子どもはこんな子という話をすれば、彼氏も少しずつ自分の中で子どものこともイメージできますし、会う機会も考えやすくなります。

全てを彼氏に合わせない

いくら会える機会が少ないとはいえ、会う場所、時間など全てを彼氏に合わせるのは好ましくありません。シングルマザーとして引け目を感じてしまい、相手に尽くしがちになる人もいますが無理をすることは長く続きません。

例えば、お互いの住んでいる近くで交互に待ち合わせたり、昼間だけのデートであったり、子どもに寂しい思いをさせないよう無理しない付き合い方を心がけましょう。これで不機嫌になる彼氏であれば、付き合いを考え直したほうがいいかもしれません。このように、子ども優先のスケジュールで無理をしない付き合い方をしていくことが大切です。

シングルマザーの彼氏はこんな人ならOK

彼氏と付き合って時間が経つと、そのまま結婚の可能性も出てきます。ここでは、将来のことを前向きに考えてよいか悩んだときに考えるべきことを説明していきます。

子どもと一緒のデートもしてくれる

2人だけのデートの時間は大切ですが、子どもと一緒にお出かけするのも喜んでくれる彼氏ならあなたも安心するはずです。彼氏も子どもも不慣れのため、最初は予想外のことが起こったりもします。それでも、一緒にいる時間を大切にしてくれる相手なら結婚を前向きに考えてみましょう。

ただし、最初から彼氏にパパ役は荷が重いです。最初は、小さな子どもと遊ぶお兄さんつもりでいてもらうと接しやすいと思います。最初から子どもがなつくのは稀ですし、彼氏と仲良くなるまでは時間がかかります。じれったくなるかもしれませんが、それでも焦らずにあなたは彼氏と子どもを見守って支えてあげましょう。子どもと一緒のデートをしてくれる彼氏に感謝の気持ちも忘れないでくださいね。

子どものダメなところも注意してくれる

子どもを叱ることは母親にとっては日常的なことですが、彼氏からしたら未知の領域でどこまでOKでどこからがNGになるのか分からないことが多いです。そのような中でも、目の前で子どもが明らかに間違ったことをしたら、それはダメだよと注意してくれる彼氏なら子どもの事をちゃんと見てくれていると考えてよいでしょう。

ただし、叱るときの言葉遣いが乱暴であったり、大人げない叱り方をしたりするようなら、子どものためにはなりません。子どもへの接し方次第では、別れることを考えるようにしてください。

女性である自分と母親である自分を受け入れてくれる

彼氏が、デートをしているうちに母親である彼女を受け入れられないこともあります。彼氏が、自分には責任が重いと感じてダメになることもあるのです。血が繋がっていないからこそ、自分で良いのか、将来まで考えると難しいと感じるのは、父親になることを考えれば当たり前な感情です。

母親である、あなた自身を受け入れて大事にしてくれる相手なら結婚を視野に入れても問題ないでしょう。

まとめ:シングルマザーの恋愛は子どもを大事に出来る付き合い方をする

シングルマザーとして辛い経験をしているからこそ、女性としても子どものためにも将来のパートナーとしてどのような男性が良いのかは悩んでしまうでしょう。恋愛すること自体はいけないことではありません。この恋愛をどうするかと悩んだときは、自分が子ども優先の付き合い方が出来ているかをまず考えてみましょう。

シングルマザーであっても、恋愛をすることは何の問題もありません。しかし、子どもがいることを前提に付き合い方を考えて、自分も子どもも幸せなるようにしましょう!

おすすめの記事