ス-パーのパート

一人で子どもを育てながら、生活費を稼がなくてはならないシングルマザー。正社員として会社に勤めていても、金銭面の不安を拭えない人も多いのではないでしょうか。
母子家庭を支えるシンママは生活費を安定させるだけ稼げて、かつ時間に融通が利く仕事が望ましいですよね。

そこで今回は、シングルマザーが収入を増やすコツと、パート選びの際に注意するべきポイントについて見ていきましょう。

シングルマザーが収入を増やすのにできる工夫とは?

家事や子どもの世話など、やることが多い中で収入を増やすには、きちんと工夫をすることが大切です。

掛け持ちでパート

体力的に可能であれば、掛け持ちでパートをすることがオススメです。基本的に残業が少なく、子どもの学校イベントに合わせてシフトを組めたり、短時間だけ働くことがでたりするというメリットがあります。

現代はさまざまな働き方があるので、シングルマザーでも掛け持ちをすることは十分可能です。今の仕事と自分の得意なことを照らし合わせると、自分に合ったパートやバイトを見つけられるでしょう。

補助金などの援助を受けること

体力的に掛け持ちをすることが難しい方は、補助金などの手当を貰うのがオススメ。地域によって差はありますが、どんな手当があるのかを知っておくのはとても重要です。

例えば、満20歳以下の子供をもつ、1万円以上の家賃を支払っている人を対象とした「住宅手当」です。相場は約5000円〜10000円で、地域によって条件が異なります。他にも、給与所得や子どもの人数に応じてもらえる「児童扶養手当」。18歳に到達して最初の3月31日までの間の年齢の子供がいる家庭が対象です。条件によっては月額で約4万円の手当がもらえます。
少額であっても、もらえるのともらえないのとでは大きな違いですよね。

母子手当(児童扶養手当)については、コチラの記事の詳しく解説しているので、ぜひあわせてご参照ください。
離婚したら早めに申請を!シングルマザーがもらえる母子手当とは

また、離婚でシングルマザーになった場合は、必ず養育費をもらいましょう。「子どもを養育しない親が、子どもが自立するまで支払わなければならない」と法律で決められています。相手の給与にもよりますが、相場は約2万円〜10万円ほど。離れて暮らす親にも扶養義務はありますので、諦めずに請求することが大切です。

シングルマザーが行いたい掛け持ちパートを紹介

PCと電話する女性

少ない時間で効率的に収入を増やすには、仕事ならなんでもいいというわけにもいきません。
ここからは、シングルマザーだからこそ行いたいパートをご紹介します。

深夜パート

深夜労働の時間帯(22時〜翌朝5時)は、25%以上の割増賃金がもらえます。日中に働くよりも効率的に稼ぐことができますよね。子どもが寝ている間に数時間働くだけでも、生活費の安心感は変わってくるでしょう。

コンビニバイトはその時間帯の求人を出しているところが多く、店舗は全国各地にあるものなので探しやすいといえるでしょう。自宅から通いやすいという特徴もあります。

また、時給が高いコールセンターのバイトもオススメです。電話を受ける「インバウンド」と、電話をかける「アウトバウンド」があります。仕事の内容や難易度にもよりますが、出来高制や賞与などがある場合もあるので、がんばればがんばるほど稼げます。コールセンターというと難しそうに聞こえますが、マニュアルがあるところがほとんどなので、未経験でも始めやすいのが特徴です。

早朝勤務

早朝勤務は深夜パート同様、時間帯によって割増賃金がもらえることが多いです。ビラ配りのバイトなら、自由な時間で働けて、出来高制というところもあります。週1日からでもOKだったり、条件が合いやすかったりするのがメリットといえるでしょう。

早朝勤務もコンビニの求人は多くありますし、ビルの掃除のバイトは短時間で高時給なことも多く、とにかく早朝勤務は給与のコスパが良いです。朝早く起きることが得意な人にと相性がいいといえるでしょう。

在宅ワーク

仕事を増やすとなると、子どもをどこに預けるかが問題になってきます。
保育園で預かってもらえたり、すぐ近くに頼れる人がいたりすれば外で働けますが、実際はなかなか難しいものですよね。そこでオススメなのが在宅ワークです。家事の合間などの隙間時間でできたり、子どもを寝かしつけてからできたりと、忙しくても自分のペースで行えるのがポイント。

アンケートに答えてお金をもらう仕事や、記事を作成するライターの仕事は、誰でも気軽に始められます。自分のできる範囲で仕事を探すことができるサイトがあり、隙間時間でコツコツ稼ぐことも可能です。文章を考えることが好きな方は、特に楽しんでできる仕事といえるでしょう。

自分で文章を考えるのは苦手だけど、人と話すのは大好き!という方にオススメなのが、「チャットレディ」です。男性とネット上で、コミュニケーションをするだけで稼ぐことができます。特別なスキルを身につける必要もなく、人とお喋りするだけでお金がもらえるなんて嬉しいですよね。

シングルマザーの在宅ワークについては、コチラの記事で詳しく解説しています。ぜひあわせてご参照ください。
【初心者向け】シングルマザーにおすすめの在宅ワーク5選!

シングルマザーが掛け持ちパートをする上で注意したいこと

悩む女性

子どものためを思い、がむしゃらに働きたくなりますが、ただ仕事を増やすだけでは体調を崩してしまうかもしれません。そうなると、ますます経済的に不安が大きくなってしまうこともあります。心身ともに限界を迎えないよう、パートを掛け持ちする上で、注意するべきポイントを確認しましょう。

健康面

なんといっても、身体が資本なので健康には十分に注意しましょう。深夜勤務や早朝勤務をオススメしましたが、寝る間を惜しんで働いて体調を崩してしまっては、元も子もありません。しっかり休む時間を作りながら、上手に働くことをオススメします。

あなたとお子さんの生活は、あなたにかかっているのです。シングルマザーは一家の大黒柱、生活を支えるにはとにかく健康第一。スケジュール管理をきちんと行い、無理なく仕事をしてくださいね。

精神面

身体だけでなく、精神面の健康もとても大事な要素です。ママがつらい顔や悲しい顔をしていては、子どもが心配してしまいます。心配するだけでなく、不安になって情緒不安定になることも。大事なお子さんと自分のためにも、精神的な余裕を持つようにしてください。

もし、掛け持ちで仕事をしていてつらいと感じたら、勤務時間や条件を見直すのも一つの手段です。それには、つらいと感じる原因を把握するといいでしょう。勤務時間なのか、人間関係なのか、仕事の内容なのか、原因によって次の仕事を探すときの注意点が見えてきます。

体力的にも精神的にも健康であることが、何より大事なポイントですね。

通いやすさを重視する

加えて、注意するべきポイントは家から近い職場であること。もし子どもに何かあったとき、すぐに家に戻れるので安心感もありますよね。また、移動時間が多いとその分時間の無駄になってしまうので、効率的とは言えません。無理なく、収入を多く稼ぐことができるものがおすすめです。

チャットレディをオススメする理由

「子どもが急に熱を出して、家にいなくてなはらない……」なんてことはよくある話です。勤務先が協力的であっても、周りに迷惑をかけていると思うと悲しい気持ちになってしまいますよね。
そこでオススメなのが、自由かつ効率的に稼ぐことができるチャットレディです。パソコン、WEBカメラ、ネット環境があれば誰でも始められます。

チャットレディには「通勤」と「在宅」があります。ネット環境を整えることが難しい人、アドバイスを受けながら仕事を始めてみたい人には「通勤」がオススメです。初めてでも稼げるコツを教えてもらえるだけでなく、税金対策や確定申告に関してのサポートもしてくれますよ。確定申告は不慣れな人にとっては、ハードルが高いもの。さまざまな控除の申請をするだけでも大変ですよね。それをサポートしてくれる企業(事務所)を選びましょう。また、勤務時の衣装を貸してくれる場合もあります。

「在宅」は、全て自分でやらなければならないのですが、なるべく子どものそばにいたい、とにかく効率的に稼ぎたいシングルマザーにとっては、とても条件の良い仕事です。電話やメール、動画など、働き方にも種類があるので、自分にできそうな形態から始めるのは良いでしょう。

チャットレディのお仕事で、人によっては数十万〜数百万稼いでいる人もいるほどです。コツを掴めば安定した余裕のある生活も夢ではありませんね。

まとめ:パート掛け持ちはあり!注意点に気をつけて

いかがでしたか?一人で子どもを育てることは、大変で不安なことも多いですが、働き方を工夫すれば不安も軽減できるはずです。スキルや経験に自信がない方もいるかと思いますが、ご自分に合った稼ぎ方を見つければ、安定した生活ができるようになります。くれぐれも無理をしない範囲で、収入を増やしていきましょうね。

おすすめの記事