シングルマザーで貯金なし!そんな状況から脱出するための方法とは

「子どもを産んで本当に良かった」と心の底からそうは思っていても、現実として今手元にお金がないと、将来について悩み不安になるのは当然です。子どもが希望する習い事や進学先を諦めないためにも、お金で苦労はしたくないものです。

そこで、この記事ではお金のことで困っているシングルマザーに向けた解決策を紹介していきます。貯金をするにはどうずればいいのか、これからどのくらいのお金が必要になるのかなどをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください

シングルマザーはお金で困っている人が多い?

そもそもシングルマザーはみんなお金で困っているのでしょうか。結論から言うとシングルマザーはお金に困っていることが多いです。離婚・死別・未婚などを経たシングルマザーは、1馬力になってしまっています。

やはり1馬力ではお金が足りず貯金ができないだけでなく、普段の生活がカツカツすぎてお金が足りずに借金をしてしまう人も出てきます。ここでは、シングルマザーの多くがなぜお金に余裕がないのかを解説します。

未婚のまま出産した場合

未婚のまま1人で出産をする場合、検査費用や出産費用を、自治体の助成金によっていくらか安く抑えられる場合があります。出産をする人が全員もらえる助成金や手当には出産一時金・児童手当などが挙げられます。

未婚のまま出産したシングルマザーの助成金や手当には次のものがあります。

  • 児童扶養手当
  • 児童育成手当
  • 住宅手当
  • ひとり親家族等医療費助成制度
  • 自立支援教育訓練給付金
  • 高等職業訓練促進給付金

このように数多くの制度を利用することによってかなりの助成金や手当を貰うことができます。しかしながら、これだけでお金に余裕を持てるわけではありません。

シングルマザーは子どもの検診などで仕事を休むなどで、どうしても自己負担が多くなり、中々お金がたまらないことが現実になってしまっているのです。

離婚や死別の場合

子どもを出産した後に配偶者と離婚をした場合、その離婚相手がきちんとしている人であれば月々数万円ほどの養育費を貰うことができます。しかしながら、状況によっては養育費を貰うことができずに、完全に1人で育てて行かなければいけないこともあります。

この場合には、子どもがまだ小さいということから満足に働くこともできません。生活保護を受けるなどして、ギリギリの生活を送っている人も少なくはないのです。また、離婚ではなく死別の場合でも、生命保険や貯蓄が1つも残されていないと金銭的な余裕はなくなります。

シングルマザーでも上手に貯金する方法

シングルマザーは、お金だけでなく時間にも余裕が持てない人が多いです。そのような中で余裕のある生活をするのは難しいのが現実です。

しかしシングルマザーでも、月に数千円・数万円の貯金をすることができる場合もあります。その方法は、家計の見直し・社会的な制度の上手な利用・積み立てをすることです。ここでは、シングルマザーが上手に貯金する具体的な方法についてご紹介をしていきます。

まずは“家計の見直し”

家計の見直しといっても、収入をすぐに改善することは難しいです。最初にすべきことは、今現在の生活費を1円単位で正確に把握することです。

子育てにかかる費用は?

一般的に子育てにかかる費用総額はおよそ1,640万円です。国公立の大学に行く場合は2,500万円以上、全て私立の学校を選ぶと4,000万円以上になります。このように、かなりの額がかかってしまいます。この金額を見た時に、自分自身の収入とのバランスはどうなのか、明らかにお金をかけすぎているものはないかなど、しっかりと家計の見直しを行うことが必須です。

社会的な制度を上手く利用しよう

子どもがあまりにも小さくて思うように働けない場合には、「恥ずかしい」と思うのではなく遠慮なく生活保護を申請するとよいでしょう。保険関係もシングルマザーだと免除されるものがいくつかあることから、自治体窓口に相談するのをおすすめします。

また、子どもがある程度大きくなった時には、学校の学費を支援してくれる団体があったり、国や市で行われている支援制度もあったりします。その都度調べて、利用することにより、支出を減らすことで収入を貯金に回すことができます。

お金に余裕を持つにはどうすればいい?

シングルマザーがお金に余裕を持つにはどうすればいいのでしょうか。食費や雑費などの節約は取り組みやすいですが大きな成果はでません。大切なのは公的助成をしっかりと調べて活用をしたり、家計の見直しを行ったりなど、陰ながらのコツコツとした努力が必要です。

少し余裕ができれば積み立てをしたり資格取得をしたりなど、お金に余裕を持つためにできることには様々なものがあります。ここでは、お金や時間に余裕がでたときにできることを解説します。

余裕ができたらやりたい積み立て

シングルマザーでも、色々と工夫をすることである程度貯金をすることができます。貯金ができてお金に少し余裕ができてきたのであれば、定期預金などで確実に貯金を殖やしていくことがおすすめです。

自分の意志だけで積み立てを行うことが難しくても、半強制なら確実です。強引な友人や親に相談してみるのも良いかもしれません。最近では積み立てできる保険も数多くありますので、調べて加入してみるとよいでしょう。どのぐらいの積み立てでどのぐらいの利益が生まれるのかしっかりと調べて知っておくことが必要です。

見ず知らずの保険屋さんの説明だけでは分からないこともあると思いますので、保険に詳しい方を連れて行ったり、知り合いに保険屋が居るのであればその方に頼んだりするとよいでしょう。

子どもが大きくなったら自分のための時間を持とう

子どもは小さいうちは手がかかり、自分自身の時間をとることが難しく、目の前のことだけに必死になってしまいがちです。しかしながら、子どもがある程度大きくなると自分のための時間を持つことができます。これは、貯金のチャンスと言っても過言ではありません。

この手の空いた時間で、薬剤師や看護師や介護士などと言った専門性の高い資格を取得してみたり、そのほか様々なセミナーに参加をしてみたりなど、初期段階での投資をすることにより収入アップを目指すことができます。資格取得をすることにより給料が大きく変わってくる場合がほとんどです。そのため、資格取得の優先度は高いです。

また、母子家庭に対して行われる支援を利用してできた貯蓄から、生活に支障の出ないような無理のない範囲で自分にしっかりと投資をすることも後々を考えたら大切になってきます。

まとめ

収入を夫と妻の2人で得られる家庭に比べて1馬力である貯金のないシングルマザーの家庭は、まず初めに自分自身の家庭の日常生活の収支バランスをしっかりと考えることが大切です。収支バランスを見直すことが、解決への糸口につながります。貯金なくカツカツで過ごすのではなく、社会的な制度を利用したり自分への投資をしたりできる状態が理想です。この記事で紹介した、方法を活用して貯金のできるシングルマザーを目指してみてください!

おすすめの副業はこちら

おすすめの記事